HOME » LED » マンション共用部のLED化で賃貸不動産の維持コストを大削減!
a
マンションの照明器具のLED化

マンション共用部のLED化で賃貸不動産の維持コストを大削減!

Shaer
Tweet
Pinterest
Print

1.マンション共用部のLED化で、電気代が大幅削減できます

アパート・マンションなどの不動産を保有している場合、共用部の維持コスト、とくに電気料金が経営に大きく関わってきます。
サクライ電気では、電気料金を節約する方法として、照明器具の見直しを提案しています。

エントランス・通路・外階段・駐輪場・駐車場・エレベーターといった共有部には、数多くの照明が設置されていますが、まだまだ蛍光灯が使われているところが多いです。
これをLED照明に取り替えるだけで、大幅に電気代が削減できます。

導入費用がかかりますが、LED照明は消費電力が少なく、また長寿命のため、取り替える作業がほとんど発生しません。
まとめて交換するので、大幅な電気代削減が期待できます。

また、最近ではLEDは電気代削減ができることをご存知のお客様も多くなりましたが、「どの商品を選んでいいのか分からない」「相談できるところが欲しい」ということで、サクライ電気にご相談される場合も増えています。

そこで、サクライ電気にご依頼いただいたお客様事例について、選定商品やこだわりの工事をご紹介いたします。

2.ご依頼企業

今回のご依頼は、当店と10年ほどお取引させていただいているS社様、物件管理を行っている不動産会社様です。
所有マンションの共用部の照明の経年劣化が進んだため、蛍光灯器具からLED照明へ交換したいというご依頼でした。

3.ご提案商品

・非常用照明器具 
小泉KOIZUMI AR49374L 15台
オーデリック OG254960ND 15台

電球タイプの20形相当になりますが、定格消費電力はわずか8.7W。光源寿命は4万時間です。
電気代が約60%削減され、毎日12時間点灯して、約9年取り替え不要となります。

色も昼白色なので、太陽光に近い明るさで、防犯対策にも役立ちます。

・駐輪場
パナソニック LGW80190LE1 10台

20形直管蛍光灯1灯器具相当ですが、消費電力は11Wです。
また、「防湿・防雨型」なので、駐輪場での雨や雪に強いあかりです。
さらに、紫外線がほぼゼロなので虫が寄りにくく、お掃除の手間も省けます。

4.工事方法(こだわり)

サクライ電気では、照明取り付け後も全数テストし、点灯確認まで行います。
夜間のチェックとなってしまいますが、実際に点灯するまでが当店のこだわりです。

・工事の流れ(画像で紹介します)

(製品の搬入)

マンション共用部のLED化

(旧照明器具)

マンション共用部のLED化

(旧照明器具を取り外していきます)

マンション共用部のLED化

(電気工事はお手の物です)

マンション共用部のLED化

(新しい照明器具を箱から取り出します)

マンション共用部のLED化

(新しい照明器具を設置)

マンション共用部のLED化

(点灯を確認)

マンション共用部のLED化

(キレイに設置できました)

マンション共用部のLED化


(壁面も交換していきます)

マンション共用部のLED化

(問題なく交換できました)

マンション共用部のLED化

(最後に点灯を確認します。全部明るく点灯しています)

マンション共用部のLED化

(駐輪場も明るいので、鍵の開閉も見やすいと思います)

マンション共用部のLED化

共有部の照明は、住民の皆様に関わる部分ですので、デザイン性や明るさなどもこだわりたいところです。

サクライ電気では、1200ページ以上ある照明器具メーカーの総合カタログを貸し出しています。
ご予算に合わせて種類豊富なデザインからお選びいただけます。

また、照明器具の交換には、「電気工事士」の資格が必要です。
サクライ電気は、「電気工事士」の資格を持ったプロが担当いたしますので、貴社ご担当者様が立ち会わなくても工事・作業をいたします。安心しておまかせ下さい。

ご担当者様からは、「現場に行かずにすむので、空いた時間で他の業務ができる」と好評を頂いております。
サクライ電気は、ご担当者様の強い味方です!

RECMMEND こちらの記事も人気です

Scroll to Top